女の子に人気のメゾピアノのランドセル

メゾピアノのランドセルは、最近子供さんにとても人気のランドセルのひとつです。
12月には売切れてしまう店もあり、なかなか手に入らなくて嘆いている親御さんも多いようです。

メゾピアノとは、女の子に大人気のブランドで、上品なヨーロピアンテイストのスタイルから、キュートなトレンド感のあるカジュアルスタイルまで揃っています。
メゾピアノの人気グッズは、すぐに完売してしまうこともあるほどの人気なのです。
メゾピアノのランドセルには、大人気のキャラクターのミミポポバージョンもあり、ランドセルのコーナーは毎年大変にぎわっています。

ランドセルが販売されるのは、一年のうちで特定の時期しかありません。
だから、その時期を逃してしまうと、メゾピアノのランドセルを購入するチャンスは、次はいつやってくるかわかりません。
メゾピアノのランドセルをお求めの方は、早めに取り扱っているお店をチェックしておく必要があります。

メゾピアノのランドセルを購入するおすすめの方法ですが、まず新品のメゾピアノのランドセルを購入したいという場合は、やはり正規の販売店や百貨店で購入するのが良いでしょう。

他の方法としては、新品のメゾピアノを探すなら、日本最大級の通信販売ショッピングの楽天がいいでしょう。
楽天なら品揃えが豊富ですし、他のネットショッピングとの価格競争が激しいということで、メゾピアノのランドセルも定価より安く買える場合もあります。
また、送料無料であったり、ポイントがついたり、とオプションも大変充実しています。


ベネッセの学習机

進研ゼミで有名なベネッセも学習机を販売しています。

小学校に入る前の子供を持つ家庭では「こどもちゃれんじ」で有名なベネッセ、と言ったほうが分かり易いかもしれません。
ベネッセでは、学習机を開発する過程で、5000人もの人からアンケートをとっているようです。
アンケート結果をもとに、様々な角度から学習机について検証し、デスク部分については「学びデスク」という商品名で提案しています。
イス部分については「成長チェア」という商品名になっています。

「学びデスク」の特徴は、デスクの天板上に書棚が設置されていないことです。
「書棚は不要である」という事柄は、アンケート結果から導き出された結論の1つのようです。
小学校に通う頃には、デスク上の書棚は「おもちゃ置き場」になってしまうようです。
小学生では、おもちゃが近くに置かれている状況では、なかなか勉強に集中できるものではありません。
中学校の頃になると、書棚はデザイン的に不要になってくるようです。
また、書棚があると天板上の面積が広く取れない、という事も不要となる理由であるようです。

もちろんデスクもチェアも大人になるまで使用できるように天板の高さの調節が可能となっています。
デザインも非常にシンプルであるため、大人でも受け入れやすいようです。
ベネッセの学習机は2005年から発売されています。
学習机としては新しいブランドですが、よく売れているようです。

因みにベネッセの学習机を作っているメーカーは「カリモク」です。

学習机のスタイル

初めて学習机を購入する時というのは、小学校に入学する時ではないでしょうか。
その学習机はいつまで使い続けるのでしょう。
小学校はもちろん、中学校、高等学校まで使い続ける人が多いのではないでしょうか。

人は成長するにつれ体型も変わってきますし、その体型に合わせて学習机の使い方も変わってきます。
また、使用方法も変わってくるかもしれませんし、住宅事情によって机のレイアウトを変える必要があるかもしれません。

以前の学習机といえば、デスク本体の右側に3段ほどの引き出しが付き、デスクの天板の奥に書棚が配置されているようなものが主流でした。
現在では、3段ほどの引き出しのついた収納スペースはワゴンとして独立し、書棚も本体から取り外すことが可能であるタイプも多くなりました。
そのため、子供の成長に合わせて学習机の配置を変えることができるようになりました。
また、住宅事情にあわせて学習机のレイアウトを変更できるようにもなりました。

小学校入学時から高等学校卒業時、人によってはそれ以降も使用できるように学習机を選んでみてはいかがでしょうか。
書棚や収納ワゴンを自由にレイアウト変更が可能であるタイプを選択すれば、長い期間使用できることになります。
少々値段が張ったとしても、以後買い換える必要はありません。

様々なメーカーから多くのタイプの学習机は販売されています。
店頭だけでなく、カタログを取り寄せたりインターネットで検索したりするのもひとつの選択肢ですね。

ランドセルの手入れの仕方

ランドセルを長く使い続けられるように、家庭でできるランドセルの手入れの仕方や、簡単な修理の方法を紹介します。

ランドセルが雨や水に濡れてしまったとき、濡れたままにしておくと、革が硬くなりひび割れてしまうことがあります。
濡れたときは、すぐに乾いた布で拭いて、日陰に干してください。
また、夏に汗をかいたときは、背負いひもや背中の部分も濡れているので、雨のときと同じように、よく汗を拭いて日陰に干してください。
さらに効果的なのは、10日に1度くらい、全体をクリーナーやシリコン液で拭くと良いでしょう。

次に、汚れが目立ってきたときの手入れの仕方です。
天然皮革のランドセルの場合ですが、まず、専用のクリーナーで汚れを拭いたあと、シリコン液かワックスを、布などにつけてよく全体を磨いてください。

そうすることで、革の表面に薄い被膜ができ、水や傷、汚れなどがつきにくくなるのです。
そして最後に、湿気を吸い取りやすい布で、空拭きするときれいになります。

また、合成皮革のランドセルは、汚れた部分を中性洗剤を使って拭いてから、よくしぼった布で水拭きをします。
そして、天然皮革と同様に、シリコン液やクリーナーで拭きます。
どちらにしても、汚れに気づいたら、すぐに手当てをするのが基本です。

最後に、ランドセルの表面が硬くなってしまったときの対処法です。
長い間、ランドセルを使っていると、雨や汗によって、背負いひもや背中の部分が硬くなってしまうことがあるようです。
そのような場合は、保革油を少し塗り込むと、だんだんと柔らかくなってきます。
しかし、気をつけないといけないのは、保革油をつけすぎると、革が柔らかくなりすぎてしまうので注意が必要です。

ただし、ランドセルの状態が手に負えないようなときは、購入したお店でアフターサービスを利用するようにしてください。

大人気のラブリーママポケットランドセル

あぴたきっずのラブリーママポケットランドセルは、ランドセル2008年モデルの楽天ランキング1位をとっています。

あぴたきっずは、小学校の6年間、ずっと大切に使ってもらえるように、とてもかわいいランドセルを提案しています。
日本一かわいいランドセルを目標にしているのです。

ラブリーママポケットランドセルとは、機能性に優れていることで人気の、ママポケットランドセルを、よりかわいくリメイクした商品なのです。
ハートや音符、リボンの柄、といったとにかくかわいいランドセルが、人気を集めているのでしょう。

側面にあるふんわりとしたハートの浮き柄は、熟練の職人さんがとっても手間をかけて作っているんだそうです。
また、ポケットにはハートの刺繍、ファスナーにもかわいらしいハートのモチーフがついています。
さらに、背中の部分などの見えない部分にも、ハートが隠れているんですよ。

ラブリーママポケットランドセルはかわいいだけでなく、もちろん、安全性にも優れています。
全方向に反射素材が使用されているので、暗い所や遅い時間でも、子供さんの存在をしっかり知らせます。
また、肩ベルトにはD管が付いているので、防犯ブザーを簡単に取り付けることができます。

さらに、機能性にも優れていて、収納面が工夫されているので、とても使いやすくなっています。
子供さんのために、快適さをしっかり考えているのです。
たとえば、両サイドには、リコーダーケースやキーホルダー、給食袋などいろんなものが掛けられるようになっています。
そして、おおきなポケットの内側にはナス管があり、鍵などの大切なものを掛けることができます。

このように、ラブリーママポケットランドセルは、かわいく使いやすく安心なランドセルなのです。
子供さんもきっと気に入ってくれると思いますよ。

学習机のライト

学習机にはライトが必ず付いてきます。

学習机の色やデザイン、機能性は検討してもライトまではあまり目がいかない、という人は多いのではないでしょうか。
勉強する時には勉強に適した明るさがあり、読書をする際には読書に適した明るさがあります。
もちろんデスク上で手芸などをしたい時にも違う明るさが必要になってきます。

いったいどのくらいの明るさが必要なのでしょうか。
日本工業規格では照明に関する規格が定められています。
それによると、ごく普通の暮らしには300ルクスの照明の明るさが必要であるといわれています。
また読書に最適な照明の明るさは500ルクスから750ルクスぐらいが適当であるといわれています。
そして勉強に必要な明るさは750ルクスから1000ルクスです。

学習机におけるライトは500ルクスから1000ルクスの明るさを確保できるものでなければなりません。
さらにインバータを採用しているライトであれば、なお良いでしょう。
インバータ付きのライトであれば、光がちらつくこともないので目が疲れないからです。

学習机のライトには一般的に「電球色ライト」と「昼白色ライト」があります。
学習机には「電球色ライト」が適しているようです。
電球色であればリラックスすることができ、集中力が高まると言われているからです。
学習机のライトの中には「電球色ライト」と「昼白色ライト」を切り替える機能が付いたものまであります。
沢山の種類がありますので、ライトもデスクと同様に、よく考えて購入したいものです。

中村鞄製作所のニティランドセル

中村鞄製作所のニティランドセルは、どこよりも安全で安心できるランドセルです。

たとえば、使用している反射材は国産反射材で、高性能で暗くなっても360度見えるようになっています。
防犯ブザーをつけるDカンは、ベルトの前方にあり、とても使いやすくなっています。
また、二ティランドセルに使用している金具は、有害となるメッキをいっさい使っていません。
金具はすべて丸みがあるので、ソフトで安心です。

さらに、中村鞄製作所では長年の研究により、肩ベルトやクッションを工夫し、他にはない背負い心地になりました。
走っても飛び跳ねても、肩ベルトがズレ落ちません。
また、背中にぴったりとフィットするので、子供さんに負担がかかったり、重く感じることは少なくなります。

二ティランドセルは背カンが低くなっているので、身体にあたることがなく、背負いやすいです。
また、背中に隙間をつくることで、髪の毛を金具に巻き込むことはありません。
背中部分のクッションは、身体に合わせて変形するようになっています。
そのため、身体にぴったりとします。
このクッションは、新素材のクッションで、身体にあたった部分だけへこむようになっているので、とても背負い心地が良いです。

中村鞄製作所では、20年以上の経験をもつベテラン職人が揃っています。
6歳という小さな子供さんにとって、使いやすいランドセルを作るためには、機械ではなく、職人の熟練した微妙な調節が必要なのです。
だから、中村鞄製作所のランドセルは手作業で行なっています。
6年間使うものとして、10年間の耐久性を目指して、注文を受けてから、丁寧に手作業で仕上げていきます。

コイズミの学習机4

学習机を選ぶ時にどのようなことに注意して選んだらいいのでしょうか。

機能や使いやすさ、サイズやデザインなど、様々なことを考えて選ばなくてはなりません。
学習机の購入をきっかけとして子供部屋をデザイン的にコーディネートしたい人にとっては、学習机のデザインは重要なポイントになってきます。
しかし、学習机やベッド、カーテンやチェストなど、いろいろとコーディネートしていくのは大変な作業となります。

コイズミではこのような苦労を解決する方法として「キッズルームシリーズ」を提案しています。
キッズルームシリーズは学習机やベッド、チェストや本棚など、子供部屋に必要な家具をトータルでコーディネートできるようになっています。
キッズルームシリーズには3種類あります。

パイン材を使用したシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴であるのは「良品専科」です。
すっきりとしたデザインであるため、長期間使用しても飽きてこないと思います。

「ピーターラビット」ではその名の通り、ピーターラビットの世界を子供部屋に再現してくれます。
デザインが暖かい感じであるため、落ち着いた感じの部屋になるかもしれません。

ロマンチックな女の子には「シンデレラドリーム」はいかがでしょうか。
シンデレラドリームでは家具からカーテンまで取り揃えることができ、シンデレラの世界を楽しむことができます。
子供がまだ小さい頃はシンデレラの世界を楽しむことができるかもしれません。
しかし、大きく成長したときも、その世界を楽しむことができるのか、ということを考えると、なかなか購入に踏み切れないかもしれませんね。

コイズミの学習机3

コイズミの学習机に「フェリーチェ」というものがあります。

フェリーチェのデザインは大変シンプルなものになっており、小学校だけでなく中学校、高等学校、そして大人になってからも使用できます。
このデザインであれは、学習机をリビングに置いたとしても違和感はないかもしれません。
子供が小さい頃は学習机をリビングやダイニングに設置しておきたい、という人にはお勧めの学習机であると思います。

フェリーチェでは、デスクの天板の高さを4段階で調節することが可能となっています。
身長が105センチ前後から160センチを超えるまで、幅広い年代まで対応できるようになっています。
フェリーチェでは、チェアーがデスクとセットになっていますが、チェアーも5段階の高さ調節ができるようになっています。

フェリーチェの大きな特徴として、天板の奥にある背板がホワイトボードになっていることが挙げられます。
このホワイトボードは日常の様々な場面で活躍してくれることでしょう。
親が子供に勉強を教える際に黒板代わりになる時もあります。
忘れ物が無いように準備しておくものをメモする際に使用できます。
また、親から子供へのメッセージを書き込むのもいいかもしれません。
もちろん、落書き帳の代わりとして絵などを書いてもいいでしょう。
いずれにしても、使用環境に応じて様々な使い方が可能となっています。

他の学習机には無い特徴となっていますので、学習机選びの選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか。

コイズミの学習机2

コイズミから発売されている学習机にステップアップシリーズがありますが、そのステップアップシリーズは細部にわたって工夫が施されています。

子供の成長に合わせて書棚とデスクの配置を変える機能はもちろんです。
書棚の間仕切りや棚板の配置も自由にレイアウトできることから、将来パソコンをデスク上に配置することもできるようになっています。
書棚の棚板は3センチピッチで調節することが可能となっているだけでなく、間仕切り板はどこの位置でも取り付けることが可能となっています。
そのため、収納する本のサイズに合わせることができるため、スペースを無駄なく利用することができます。
天板の奥行きも従来のタイプに比べて5センチほど大きくしているようです。

学習机にはコンセントが配置されていますが、そのコンセントにはトラッキング火災を防止するような機能が採用されています。
また、コンセントは着脱式であり、デスク本体に内側でも外側でも、どちらにも配置できるような工夫がされています。
天板の下には引き出しがついていますが、その引き出しの裏側には補強材がついているため、将来「引き出しがゆがんで開けにくい」ということはなくなるでしょう。

学習机にはワゴンも付いてきますが、そのワゴンは天板が上下に動く「リフティングワゴン」となっています。
ワゴン天板の高さをデスク天板の高さと揃えることにより、天板上のスペースが非常に広いものとなります。
デスクの側面にランドセルを掛けておくフックが配置されていることも嬉しいことであると思います。
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。